世界でもっとも古いじゅうたん

古き時代から人々は敷物を家の中に敷いて生活をしていました。寒い土地や夜との温度差がある暑い土地に住む人々は冷え込みから身を守るために干草や動物の毛を用いていました。逆に暑く湿気が多い土地に住む人々は厚さを和らげる敷物を求め、植物の皮を使って敷いていました。牧畜をするような時代に入ると羊が飼われるようになり、その毛を集めて圧縮しただけのじゅうたんが誕生しました。それから簡単な平織りのものが作られるようになり、後に技術が進化して模様などが入った敷物が作られるようになりました。現在残っている一番古いじゅうたんは1945年に発掘された南シベリアの王族の古墳におさめられていたものです。この絨毯は大きさが縦横が200センチと183センチもあるもので、トナカイや馬をひく人、騎士などが表現されていました。紀元前500年から400年前に作られたものではないかという説があります。また年代がはっきりとわかっている世界最古の絨毯は縦横が1152センチと534センチというかなり大きなもので、表面に詩の一節と一緒にどこに住んでいる誰が始めた仕事だということが記されていました。そこにはイスラム歴の946年という年が書いてあり、西暦でいう1569年の品であることがわかったのです。現代いろんな場所で使われているじゅうたんはこんな昔の人々から伝わってきたのですから、伝統的な織り方などはこれからもずっと残っていってほしいものです。

手軽に雰囲気を変えられるじゅうたんを活用しよう

部屋の模様替えを楽しもうと考えているのであれば、じゅうたんを利用してみる事をお勧めします。フローリングで我慢して来たというのであれば尚の事、そういったお手軽かつ効果の高い物を利用する事によって、さらに雰囲気の違いを楽しむ事が出来る様になるでしょう。しかも、実用性も抜群のアイテムなので、使いこなす事が出来れば、今後の部屋の模様替えに関しても、かなりレベルの高い内容で展開する事が出来る様になる筈です。そう言った意味でも、まずは興味を持ってみる事が重要となります。使い方として、部屋全体に敷く方法と、テーブルの下に敷いたり、ソファーの下などの一部に使うと言った方法もあります。自分の都合に合わせて使い分ける事によって、より一層じゅうたんを楽しむ事が出来る様になるでしょう。それに、とても多くの色やデザインが存在しているので、周りのインテリアに合わせるように使う事で、さらにその良さを実感する事が出来ます。じゅうたんを今まで敷いた事が無いと言う人は、冬の時期に暖かさを手にする為にも、一度使ってみる事をお勧めします。オシャレな雰囲気と温もりの両方を手にする事が出来るスグレモノなので、是非とも使いこなしてみましょう。

Leave a Reply

  

  

  

*